--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2011.08.06 15:04 | EDIT
良い天気が続いておりますshiobara

震災以降しばらく通行止めで行くことができなかった
「竜化の滝」
7月初旬に解除になり
また、この名瀑を見ることができるようになりました

DSC_0508.jpg DSC_0510.jpg

「竜化の滝線歩道」入口まえの駐車場に車をとめて‘いざ,
この歩道を上がっていくと、最初に目にするのが「材木岩:右画像」
これは柱状節理といって太古にマグマが冷えて固まる際に出来上がった岩だそうです。
福井県の東尋坊や兵庫県の玄武洞などでみられるものと同様の形で
那須塩原市の天然記念物に指定されています。

DSC_0552.jpg DSC_0530.jpg

この画像は「竜化の滝」へ行く途中にある滝で
「抛雪(ほうせつ)の滝:左」と「風挙(ふうきょ)の滝:右」です

そんなこんなで入口からのんびり写真を撮りながら30分(普通にくれば20分程度)
DSC_0543.jpg DSC_0546.jpg

竜化の滝へ到着です!!
高さ約60M、幅約5M、流れ落ちる滝筋は約130M
この滝の姿が、天へ昇る竜の姿に見えることから「りゅうかのたき」と
名付けられたとも言われています。

そうそう
忘れちゃいけない
ここまでの道のりに吊橋があります
DSC_0549.jpg
「竜化の吊橋」
長さ25M、幅1M
いくつもの吊橋がある塩原でこの「竜化の吊橋」は舟に乗った時の様な
フワン・フワンした柔らかい揺れを感じられます。

DSC_0538.jpg DSC_0512.jpg DSC_0554.jpg その他、この様な石碑や木札が、
途中や近くにあります。
一つの名所を見るだけで終わらせないで、知る楽しさもあじわってみて下さい。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。